紀州の美味・珍味を紹介します「わかやま珍味裏街道」

TOP運営会社
スポンサードリンク
■珍味・美味カテゴリ■
トップページ

地域別一覧表

お店で普通に食べられる珍味

ちょっとがんばらないと食べられない珍味

地元の人でもなかなか手に入らない珍味

リンクについて

▼食リンク一覧
珍味・ゲテモノレビュー
食べ歩き・グルメマップ・レビュー
全国の郷土料理・郷土食
料理関係の学校・スクール
レシピ・料理方法・食材
レストラン・食事処
食べ物のネットショップ

お問い合わせ

トップページちょっとがんばらないと食べられない珍味>タタキ
□タタキ
地域:紀南地方
種別:海の幸
レア度:中
タタキと言うと、アジのタタキや、カツオのタタキが有名ですが、紀南地方では、アジや小鯛(チャリコと言います)等の白身の魚を、ミソ、ショウガ(ネギやニンニク等も一緒に入れる場合もあります)を入れて、出刃包丁でミンチ状にします。ナメロウと作り方は同じです。

食べ方は、酢を浸るほど入れて、箸で端からすくい、食べます。
酒の肴にもおかずにも最適な料理です。
また、これも茶漬けにするととても美味しくなります。

お茶漬けの作り方は、カツオのタタキとほぼ同じです。
醤油に浸しあつあつのご飯をお茶碗に入れ、その上にタタキをのせます。

その上から、熱いお茶を注ぎ、カツオの表面が白く変わると出来上がりです。

元々は漁師料理です。


小鯛(チャリコと地元では言います)をタタキにすると、とても甘く、上品な味になります。


味噌は昔ながらの製法で作った、田舎味噌を使うと美味しくなります。

小骨も一緒にたたくので、そのこりっとした食感がとても美味です。
(中には、頭も一緒に叩く事もありますが、少し骨の食感が強いように感じます)

  
たたき
クリックすると大きな写真が見られます。

 
 

トップページへ戻る
Copyright ? 2006 紀州でしか食べられない美味・珍味を紹介します「わかやま珍味裏街道」. All rights reserved