紀州の美味・珍味を紹介します「わかやま珍味裏街道」

TOP運営会社
スポンサードリンク
■珍味・美味カテゴリ■
トップページ

地域別一覧表

お店で普通に食べられる珍味

ちょっとがんばらないと食べられない珍味

地元の人でもなかなか手に入らない珍味

リンクについて

▼食リンク一覧
珍味・ゲテモノレビュー
食べ歩き・グルメマップ・レビュー
全国の郷土料理・郷土食
料理関係の学校・スクール
レシピ・料理方法・食材
レストラン・食事処
食べ物のネットショップ

お問い合わせ

トップページお店で普通に食べられる珍味>サンマの姿寿司
□サンマの姿寿司
地域:紀南地方
種別:海の幸
レア度:低
サンマの姿寿司はサンマの捕れる地方では結構メジャーな料理です。

平安時代の頃から作られていたと言われていますが、当時はまだ酢飯を使った寿司では無いため、サンマのなれ鮨がつくられていたのではと考えられます。

地元では、サンマ寿司(鮨)と言われます。
特に姿寿司とは言いません。
他の地方にもサンマの鮨がありますので、それと区別するために姿寿司と表現しました。

紀南地方のサンマの特徴は、熊野灘を泳ぎ、脂分が落ちていることです。
通常は脂ののっていないサンマは、目黒のサンマ(落語)等にあるように、美味しくないという様に表現されています。
※目黒のサンマ(落語)の場合は、調理により、旨みのある脂を抜いてしまいます。

ですが、サンマ特有の脂分が少なく身が締まっているでないと、あっさりと上品なサンマの姿寿司にはなりません。

そう言う意味では、紀南地方特有の料理と言えるでしょう。
また、サンマの丸干しも特産品としてありますが、これも脂が抜けているために、締まった身の味が楽しめるのです。

サンマの姿寿司の作り方は、生のサンマを背開きにし、酢(甘酢)で締め
酢飯の上に載せて、軽く押して出来上がりです。ショウガ等を挟む場合もあります。
新宮駅では、サンマ鮨として、駅弁として売られています。

紀南地方では、秋から冬にかけて、何処の家庭でも作られたサンマの姿寿司ですが、近年は、作り方がわからないという方も多いようです。
それでも、郷土料理として、今でも人気の高い珍味といえるでしょう。

 
サンマ寿司写真

サンマ寿司写真

トップページへ戻る
Copyright ? 2006 紀州でしか食べられない美味・珍味を紹介します「わかやま珍味裏街道」. All rights reserved